パソコンパーツ

最小限アプリでRTX3090Aorus LCDの温度表示に挑む

こんにちは、ゆびきたすです!

待望の美しきLCDを待ち望み、ヒャッホーと装着するもドライバー入れただけではLCDパネルに温度表示できない事を知りました。ガーン

たまご....

そこで

妄想したこと

  • 余計なソフト、巷で評判悪いLEDカスタム系ソフトを入れる事なく情報表示ができないかな?
ポータブルアプリでしたい

まず実地環境にアプリを入れたくなかったので手頃にWindowsサンドボックスを使ってみました。以下サンドボックス内作業です。

まずは以下サイトから普通にAorus Engineをダウンロード、インストールします。別に他のGigaサイトでもよいです。

Utility | Service / Support - GIGABYTE Global

すみません、勘違いしていました。Aorus Engineではなく RGB Fusionでした。今回Aorus Engineはガン無視です。

以下リンク

GIGABYTE RGB Fusion 2.0

サンドボックス内でRGB Fusionインストール後に以下のディレクトリのセットアップファイルを実行します。

C:\Program Files (x86)\GIGABYTE\RGBFusion\LIB 内の「N30Setup.exe」(画像では拡張子が非表示です

これで以下のようにAORUS LCD Panel Settingというフォルダが作成され、コントロールパネルのプログラム一覧にも「Aorus LCD Panel Setting」が現れます。(以下画像拡大できます)

次に

サンドボックスから以下パスのフォルダを実環境の任意のディレクトリへコピーします。(フォルダ内のすべて)

C:\Program Files (x86)\GIGABYTE\AORUS LCD Panel Setting

その「 AORUS LCD Panel Setting 」フォルダの中の

  • MonitorService.exe
  • Panel.exe

の2つの実行ファイルを使ってLCDカスタム表示します。ポータブルアプリ化みたいな感じになりますかね。

このうち「Panel.exe」はLCD表示の設定等を行います。

最終的に「APPLY」を押すと設定完了。

以降はその設定でWindows起動時毎にLCD表示します。

但し条件として「MonitorService.exe」がWindowsと一緒に立ち上がっていなくてなりません。

当環境では「MonitorService.exe」のショートカットをスタートアップフォルダに置くとWin起動時に以下のような情報取得のDOS窓が出て来てしまいます。

超邪魔であります

延々出続ける「Frame SDK Init failed! Error Code6」が気にはなりますが、今回は無視しときます。

さてDos窓表示の回避策はいくつかありそうですが、自分のようなパソコン素人にはタスクスケジューラを使う方法が簡単でした。

タスクスケジューラの使い方はググればいくらでもあるので割愛。

複数環境では確認していないので当環境依存かもしれませんが、以下画像のように設定するとWindows起動時に遅延なくLCD表示できました。

各自色々試してみてください。

尚、セキュリティとか特に考えずに(考えても分からない)無理くりやっているので自己責任でお願いします

これでLCD表示はできました!

因みにサンドボックスから

C:\Program Files (x86)\GIGABYTE\RGBFusion\LIB   内の「N30Setup.exe

実環境にコピーしてインストールしてもいいかなと思います。

コントロールパネルのインストールアプリ一覧にも出てきます。この方法であれば特にタスク登録等は不要でとても簡単です。

素人ができるのはこの辺までですね。

<以前色々なアーカイバ等で展開・解凍しようとしましたがうまくいきませんでした>

以上クセ強すぎなRGB Fusionを入れずにLCD表示する方法でした。Windowsサンドボックスを使用しても良ければ有効な方法かも。。。

休みの日にこんなことに時間使うなんて...

では!

ゆびきたすのスポンサー

  • この記事を書いた人

ゆびきたす

妻子ありの4人家族の副業ブロガー
趣味のPC・家電のことを徒然なる心のままに描いています
Blogアイコン自作してみました。これからデジ絵トレーニング開始

-パソコンパーツ
-, ,