パソコンパーツ

【DeepCool LT720 レビュー】見た目重視の簡易水冷とNoctuaファンを合体

2023年1月9日

LT-720 TOP Images
ゆびきたす
ゆびきたす

こんにちは、ゆきたすです。
変な名前ですがよろしくお願いします。

PCは足腰が大事!
ということでCPUとマザー周りを一新してみます。

2022年PC自作の締めくくりとして、4年間使用しているゲームとクリエイティブ用途に使用している個体のCPU環境の刷新を行いました。

元々は8700K+Z390構成で、簡易水冷はFractal Design S24 にNoctua(ノクチュア)のファンを合体して使用。

S24+Noctua Fans
12cmのNoctua NF-A12x25を表裏で4台

今回の交換パーツはCPUとマザーボード、メモリ変更。

  • CPU / intel Core i9 13900k
  • CPU用簡易水冷 / DeepCool LT720
  • マザーボード / Gigabyte Z690 AORUS XTREME
  • メモリ / G.Skill F5-6000J3636F1616GX2(DDR5-6000/16GBx2)

※CPU反り対策:PCER24 Anti Bent Cool Boosterも同時組込

13900Kなどに関しては情報が比較的ある中で、最後まで悩んだのがCPUクーラー。
8700Kで使用した簡易水冷が想像よりも良かったので、同じく簡易水冷タイプとしました。

当初VRAM冷却も可能なARCTIC Liquid Freezer II狙いでしたが、年末はどこも即納品がなく断念。

すぐに入手可能な製品で購入してみたのが今回のDeepCool LT720です。
果たして冷却性能はいかほどかをザックリ検証してみます。

以前の簡易水冷のCelsius S24では標準ファンは使用せず、静音を狙ってNoctuaの「NF-A12x25」を4機でサンドイッチ構造にして使用していました。
今回のLT720ではこの内3つのファンを再利用し3機をケースフロント・吸気側(押し込み方向)に配置。

Noctua Fans

いつ見てもNoctuaらしい色合いで好みが激しく分かれるところです。
ブラックモデルがいつの間にか出ているのでそれもアリか…

さてLT720の純正ファンの仕様は

  • 500~2250 RPM(PWM)
  • 風量:85.85 CFM(=約146m³/h)
  • 静圧:3.27 mmAq(=mm H₂O)
  • 高負荷時ノイズ:32.9 dB(A)以下
  • 消費電力:2.64W
DeepCool FK120
9枚のブレードでなかなかカッコイイです

4隅のネジ止め部は防振のためかゴム素材になっています。

DeepCool Fan Blade
ブレードはごく一般的な形状・厚み。ノイズ音量は仕様上Noctuaよりも最大10dB以上大きい
(数値的には聴感上およそ2倍の音量で、音圧は1.41倍ほど)

対してNoctuaのファンは

  • 回転数:450~2,000PM(PWM)
  • 風量:102.1m³/h(=約60CFM)
  • 静圧: 2.34 mm H₂O(= mmAq)
  • 高負荷ノイズ:22,6 dB(A)
  • 消費電力:1.68W
Noctua NF-A12x25
9枚のブレードは触るだけで硬く剛性感の塊
Noctua FanBlade
ズッシリとした重さ、フレームギリギリ0.5mmまで伸びたブレードなど精巧さは随一

Noctuaは静かで風量が強い!という声を聞きますが、今回の比較ではDeepcoolのファンの方が、最大の風量・静圧ともに上のようです。
仕様上の冷却性能は純正ファンの方が上、ということになりますが、最大性能を発揮する高回転域であることの方が少ないのも事実。

Noctuaの良いところは静音性とそこそこの風量とのバランスでしょうか。
製品自体がズッシリと量感があり、ファンブレード周りの作りや精巧さは手に取ると感じられる良さもあります。

もはや信者と言われても仕方ないでしょう…

さてLT720のラジエターに関しては見た目的にもよくあるアルミ製の25mm厚前後のもの。

LT720 Radiater Size
出典:LT720 - DeepCool

なおFractal Design Sirius S24にあるようなファン用のピンがラジエターに付いているなど、独自な機構は特に無さそうです。

Fractal S24 Head-Pin
Fractal S24:ファン用ハブがあるのでマザーへの配線がファン用1本、ポンプ用1本で済む

冷却ヘッドの特徴は

  • 3100 RPM までの強力な三相駆動モーター
  • シームレスな厚い固体銅ベース

果たしてコレがどうスゴイのか、残念ながら無学の筆者には分かりませんでした(笑
最後は構造云々よりも実際冷えるかそうでないかですね。

以上みてみると冷却ヘッドのカバーのデザイン以外はわりと普通そうです。

LT720の美しい見た目

Head Design LT720

LT720のデザインに魅せられたならばこれだけでズバリ買いです。

マザーのアドレサブルRGBの端子に接続することによってコントロールができます。

筆者環境でしかし少し残念だったのは、Z690 Aorus ExtremeではてっきりBios(UEFI)からRGB設定ができると思っていたのですが、そもそも設定項目なし。

少し調べてみるとBIOSからRGBコントロールが可能だったのは過去のモデルだったようです。

最近の製品ではOS側にソフトをインストールして、Gigabyteで言えば「RGB Fusion」というソフトウェアを適用して設定します。
現在は「APP Center」や「Gigabyte Control Center」に統合されて一括適用・使用できるようです

ただ過去RTX3090で経験したかなり苦労したことを思い返すと、できるだけインストールさせたくないソフトウェアではあります…

なお未設定の端子に刺しただけの状態では、マザー側のLED含めてLT720側もゆっくりと色が変わっていく光り方でした。
RGB FUSIONに関してはのちにどうするか考えるとして、とりあえずのそのまま使用中です。

なお2年前の3090の設定を行ったあと、RGB Fusionは削除しました。
グラフィックカードでは一度色の設定を行えば再起動後もカラー設定は保持されるからです。

LT720の冷却性能(1)

LT720 Temperature

13900Kではオーバークロック可能ですが、世評で見られる性能向上と消費電力・発熱具合を見ていると「辞めておこう」という気持ちに。

今回は13900Kの仕様にもとづきパワーリミット(以下PL)運用を行ってみます。
その他電力制御に関しては完全にマザー設定まかせです。

  • PL1=PL2/253W(=MTP / Maximum Turbo Power)
  • Tau=56s(短期間電力制限時間)

上記設定のみで行い、LT720+Noctuaファンx3 で冷やしきれるのか確認します。

ベンチマーク・負荷テストはOCCTと3D MarkのCPU Profileで行ってみました。

まずOCCT設定は

  • データセット・・・小
  • テストモード・・・エクストリーム
  • 負荷タイプ・・・変動
  • 命令セット・・・自動
  • 使用スレッド・・・自動
  • 時間・・・30分
  • 95℃超でテスト即時中止

今回短めの30分の温度確認しました。
室温は21℃。

まず開始1分ほどの途中経過時。
既に瞬間最大81℃、現状79℃。
さてどこまで温度上昇するか見ていきます。

OCCT Start
CPU/Enhanced項目:開始後1分を超えたところ

負荷テスト完了直後のスクリーンショット。
最高温度は1分後と変わらず81℃で、温度変化をみているとだいたい77℃~79℃で推移。

これは十分熱移動・冷却ができているということだと思います。
余裕で90℃に収まったので結果としては満足ゆくものでした。

OCCT Finished
CPU/Enhanced項目:予想外に81℃で変わらず

別の日に60分間回した結果。

室温20℃、ソフト読みで最高83℃、モニターを見ていると高負荷時は78~80℃をうろうろしていました。

OCCT 60min
テスト中のトータル消費電力はワットモニターで430Wでした

あとは夏場の状況ですね。
室温が25℃を超えてくると90℃には到達する可能性が高いです。
違う意味で夏が楽しみです。

次に3D Mark CPU Profileの結果。

3D Mark CPU Profile 01
3D_Mark CPU Profile 02 Finished

最大16スレッドまでですが問題なく冷やせています。

今回はNoctuaファンに同時交換したためLT720純正ファンの性能が測れていませんが、それほど大きな差が出るとも思えません。
簡易水冷としての素性は悪くなさそうです。

確認の意味でCPU-Zの簡易ベンチ中の温度、そして単純なCPU指標ではありませんが参考に3D Mark Extremeも回してみました。
意外にも試したソフトウェアの中での最高温度でした。

CPU-Z Benchmark@13900K

続いて3D Markベンチテスト。
1枚目が2年前の8700K+RTX3090で、2枚目が13900K+RTX3090です。
(RTX4000シリーズが出ている今、グラフィックが少し残念スコア)

3D Mark TimeSpy Extreme@8700K+RTX3090
2年前の8700Kでもベンチテスト。RTX3090は共通
3D Mark TimeSpy Extreme
最高68℃でした。

CPUスコアが3倍強となりましたが、ゲームに関してはマルチコア対応状況次第でしょう。
なお筆者がメインでプレイするマイクラには全くもって不要な性能ですが。

ただバランスを追求すると、消費電力を考えてRTX4000シリーズへの乗り換え推奨という感じでしょうか。

LT720の冷却性能(2)13900Kのズボラな低電圧化

LT720の性能分析から記事の趣旨がハズレ気味ではありますが、13900Kの低電圧化を試してみます。

ネット上では数多く見つかるASUSやMSIなどと比較しても、Gigabyteマザーでは日本語で解説されている情報があまり見つかりません。

似た項目名であたりを付け、マイナスオフセットやLLC(ロードラインキャリブレーション)を駆使してやってみても、温度的な効果がなかったりBSODやアプリ落ち頻発でなかなかうまくできません。

結論として全域の安定性を考慮して当環境では

  • Vcore電圧モードはAuto
  • CPU VコアのモードはNormal(電圧値指定項目)
  • Dynamic Vcore 値は-0.145V ※ここの項目は上の「CPU Vコアのモード」がNormalの時のみ適用可
  • LLCは「Low」モード(下から2番目)

ザックリ調整すると以上のような設定値で安定しました。
Dynamic Vcore-0.150vでも良いのですが、ほんの少し余裕をみての値です。

GigaUEFI Settings Minus-Offset-Voltage
GigaUEFI Settings LLC

温度や安定性確認としてCinebench R23やOCCT@1時間を使いました。

Cinebenchは問題なく完走、OCCTを1時間という条件ではオフセット-0.160vや-0.155vでもエラー無し完走
最大温度も室温20℃で74~75℃と低くて良いのですが、軽負荷時にBSODが発生してしまします。

繰り返しOCCTを走らせますが、やはり高負荷時ではエラーなど問題が出ません。
低負荷の時にマイナス値が大き過ぎて電圧不足になるようです。

以下2つのソフトでオフセット-0.145v時の温度を確認。
まず室温20℃でR23を走らせたところです。

CinebenchR23 multi+single@-0.145OFF

スコア的にはマルチ40,002でギリ4万超えですが、電圧を触る前と比べて少し落ちています。

下の画像は室温低めの19℃時OCCT(Small/Extreme/1時間)という条件で走らせた結果です。

OCCT Small and EX 1Hour@-0.145OFFSET
高負荷時のコア周波数はPコアALL5.2~5.3GHzで変遷。電圧を下げるとコア周波数は微増傾向

PL253Wで最大温度75℃(Enhanced項目)なのでまずまずかと思います。
夏場の想定で、室温が25度付近まで上がれば80℃前半か、といったところ。
どちらにしても部屋をエアコンで冷やしていないと冷却がかなり厳しいでしょう。

オフセット-0.160でもOCCT自体は完走できるので、高周波数帯域を微調整できれば良い感じになりそうです。
なおR23で70℃以下を目指しましたが、そもそも簡易水冷の限界なのか、ハズレ石なのかなかなか難しそうです。

実はこの状態を探るのに仕事終わりの時間で3日以上を要しています。
OCCT1時間を複数行うと検証が大変です…(正直あまりやりたくない)

LT720および簡易水冷の注意点

Computer Assembly

ここではいくつか注意点を挙げてみます。

なお1つ目の注意点はLT720特有のもので一番厄介かもしれません。

LT720のダメポイント:史上最強に剥がしにくい保護シール

Protective Films
引っ張ると「ビヨーン」と伸びるタイプ。加えて粘着がかなり強い

まず開封して眺めていると、既に薄っすらとヘッドの照明部に既にキズらしきものがチラホラ見えます。
しかも軽く擦るだけでキズが増えます。

しかしよく見ると透明部分に保護フィルムが貼り付けてあります。

マザーやグラフィックカードもそうですが、剥がし忘れは普通にありそうです。

しかもこの保護フィルム、かなり強めな粘着力。
粘着力の強い重梱包用の布ガムテープを角付近に貼り付けて端を浮かそうにも微動だにしません。

名刺など硬めの紙をU時にして角を浮かそうとか色々考えましたが、何で擦ってもキズが入りそうです。
最後は根気よく指と爪で優しく擦って浮かしました。
なかなかストレスな作業でした。

少しでも端が浮けばあとはマイクロセームなど柔らかい布で端をめくりつつ、指でつまめるくらいまで更に浮かします。

また保護フィルムはヘッド透明部に1面1枚貼り付けではなく、更に1枚で全面貼り付けでもありませんでした。
2面分を1枚もので貼り付けられていたりします。

RGB調整は必ずアドレサブル端子へ

ARGB-3Pins

LT720のヘッドカバーのRGB端子は「3ピン」のアドレサブル・コントロールのタイプです。
接続するときマザー側の端子に注意が必要です。

RGBコントロール用の端子には、単色に光るものを除き2つあります。

  • 4ピン:RGB LED(+12V)
  • 3ピン:アドレサブルRGB(+5V)

この2つ、そもそもピンの数・レイアウトや出力される電圧値が違います。

画像付きで詳しい解説は以下のパソコン工房さんのサイトを参考にして下さい。
RGB LEDとアドレサブルRGB について | パソコン工房 NEXMAG (pc-koubou.jp)

今回のマザーAorus Extremeではマザー側のLED端子に付属の2又ケーブルを刺し、このケーブルにアドレサブルRGBデバイスとRGB LEDデバイスを刺すように指定されています。

A-RGB and RGB Pins
出典:mb_manual_z690-aorus-xtreme_1001_j.pdf (gigabyte.com)

LT720のアドレサブルケーブルを2又ケーブル側の3ピンの方へ刺せば動作します。
なおZ690 Aorus Extremeの許容電流容はそれぞれ2Aですので、お使いのマザー仕様も一応確認しておきましょう。

ラジエターとポンプの位置関係

ラジエター内でもエアは、より高い位置へ移動します。
そして水冷ヘッドに内蔵されている圧送ポンプはエア噛みを繰り返すと故障の原因になります。

簡易水冷は本格水冷と違い、エア抜きも可能なリザーバタンクがありません。
そしてキット化された簡易水冷内に、エアが長期に渡って「ゼロ」であるはずがないと思います。

エア噛みの原因は

  1. 接続部などからの液漏れ
  2. 蒸発などによる液量減少

②についての補足:
もちろんチューブなどは水や水蒸気は通しません。
しかし熱・経年などによりチューブには必ず硬化や劣化の現象が起きます。

一般的に冷却水と呼ばれるものには浸食性があります。

例えばナイロン系ホースは素材自体の水分や油分が抜けた場合、その抜けた部分が冷却水に浸食されてその分冷却水が減少します。
液漏れは早期に、漏れなしでも長年使用すると必ず液量が減ります。

※耐久性については明言できないのですが、3年~4年で交換するのが良いと聞きます。

レイアウト上では空気が溜まる場所がヘッドにならないようにレイアウトする必要があります。
つまり

ヘッドよりもラジエター部を高い位置に設置すること

Installation Layout01 Movement of Blisters
ヘッドの方が高い位置になるのは「ラジエター部をケースのボトム設置」の場合。

最も確実にヘッド部よりラジエターを高く設置できる位置は天板設置のパターンです。
しかし静音性を重視する場合、ファン部を遮音することができなくなります。

またマザーとの干渉、排気ファンとの干渉などケースによってはなかなか難しいケースも多いでしょう。

幸い使用中のDefine R6では、5インチベイを取り外せば融通は利きそうです。
しかし静音性を重視する場合は、Define R6ではフロント設置がベター。

ケースのフロント位置への設置は、(特に発熱の大きい内排気型のグラフィックカードを取り付けている場合)一番冷えている空気で冷却できるのが大きなメリットです。

さて次に、フロント設置の場合ホースを上側にするか下側に持ってくるか、の問題。

筆者の場合は下図のようにホースは上側です。
それはグラフィックカードに干渉するためで、避けようとすると今度はホースの長さが不足します。

一般的にはこのレイアウトが多いのではないでしょうか。

Installation Layout 03

因みにホースはラジエター下端に接続される方法がベターとされています。
なぜホースが下の方が良いのかというと、下の絵のようなエアの動きイメージ。

Installation Layout 02 movement of blisters

冷却水が減ってくると当然ラジエター上側にエアが溜まります。
ホースが上側レイアウトの場合、万が一漏れなどで急激に減ってしまうとポンプがエア噛みを起こす可能があります。

その点ホースが下側に接続されていれば、ホース内は水切れする可能性は低そうです。
※それでも絶対にポンプがエア噛みしないとは言い切れませんが…

理想とはいえ、ヘッドからケース前面のラジエター取り付け部までの距離などにも左右されるので悩ましいものです。

アドレサブルRGBコントロール:RGB Fusionで動作

環境依存かと思いますが、2年前にRTX3090導入したときのRBG FusionやAorus Engineで痛い目にあっています。

  • いろいろ触っているとソフトがフリーズ
  • 動作したりしなかったりする

こんな経験からGigabyte純正ソフトウェアはあまり食指が動きません。
ただアドレサブルRGBコントロールの動作確認だけは行いたいため、RGB Fusion含めて2つのソフトウェアで確認しました。

まずオープンソースの「OpenRGB」。

zip形式で配布されて、任意のフォルダから起動が可能なのでポータブルアプリ的な使い方ができるのかと思いきやユーザーのAPPフォルダ内にも展開されます。
(アンインストールしても設定データその他を残していくタイプ)

カラー調整ができましたが、なぜかDirect(おそらく単色に光るだけ)モードは動作しましたが、明転するようなモードは全て動作不能。
なぜかGskilのメモリだけは反映されますが、筆者環境ではLT720およびマザーのRGBはDirectモードの単色動作のみ可能でした。

また管理者権限に昇格した上でソフトを起動しないと設定できません。
(RGB Fusionも同じ)

そしてGigabyte純正のRGB Fusion

なんと予想外に快適に正常動作。
安定動作しているのはマザーがGigabyteになったおかげかどうか。

ウェービングなどゆっくり点滅するようなモード各種確認しましたが、LT720およびマザー・メモリとも設定どおりに動作しました。
ただ汎用性を持たせるためか、いろいろなデバイスのRGBプラグインが同時インストールされるのは少し気になります。
選択的にインストールできると理想的ですね。

なお初めてのGigabyteマザーで気づいたのですが、OS起動時に必ず「APP Centerをインストール」するか?という通知が出てきて鬱陶しいです。
必ず起動時に出てくるので煩わしくてインストールしそうになります。

APP-Center

これはマザーのSetting内「APP Center Download & Install Cofiguration」がデフォルトで「Enable」になっているからです。
世界中のGigabyteマザー使いは皆APP Centerをインストールしているのでしょうか?

まとめ:簡易型でも見た目良し、冷却性能良し

LT720 Image

今回は事前に「高消費電力・高発熱世代」という事実を見聞きした中で、仕様通りに253Wのパワーリミットを施して使ってみました。

その状態であればLT720で使う限り、常用においても温度的な心配は全くなかったのが結論です。
簡易水冷というとハイエンドの空冷よりも劣るなどネガティブな世評も散見するなか、LT720は間違いなく「冷やせる」部類のクーラーです。
ひとまずライトな自作PCには十分な性能。

次はCPUの各種の制限を解除したらどうなのか、どこまで低電圧化できるかいろいろ気になってしまいます。

また今回はNoctuaファンNF-A12X25 PWMへの換装の上での温度でしたが、風量的なスペックはLT720純正の方が上です。
仕様上はLT720純正ファンだともっと冷えそうですが、ファンノイズに関しては妥協する必要がありそうです。

Noctua and DeepCool Fans

水モノだけに冷却液漏れの危険性は常に付きまといますが、作業を考えても本格水冷式より失敗が少なく、メンテがとてもラクなのがメリットの簡易水冷。

新しいCPUクーラーを検討する場合、今回のDeepCool LT720を1つの選択肢にしてみてはどうでしょうか?

では!


スポンサー

  • この記事を書いた人

ゆびきたす

妻子持ちブロガー&駆け出しWEBライター 趣味のPCや家電の事を徒然なる心のままに。 ※アフィリエイトプログラム参加中です

-パソコンパーツ
-, , ,