デスクワーク

モニターライト BenQ ScreenBar Plus レビュー:有線リモコンが便利!曲面ウルトラワイドもOK

BenQ ScreenBar Plus TOP
ゆびきたす
ゆびきたす

こんにちは!

中の人・ゆびきたすです。

皆さん、目疲れていませんか?

快適なデスクワーク空間作っていますか?

普段はスワン電器さんのEXARM ZETAというモニターライトを使っています。
Made in Japanらしくとても高品質な製品であるのが自然な空気のような存在。

しかしたびたびBenQというメーカーのライトが良いらしいと聞くんですよね。

他人の庭の芝生が青く見えたらまずは試してみよう!

ということでいろいろな角度からレビューしてみようと思います。

BenQのモニターライトシリーズ

BenQは台湾拠点とする電機メーカーで「Bringing Enjoyment and Quality of Life」の略称。

パソコンモニターではかなりメジャーな存在です。

もともとAcer(エイサー)グループのモニターや周辺機器を製造販売する企業。
のちにオランダ・フィリップス社と共同で光学ドライブの会社を立ち上げたりもしています。

現在台湾のほか日本・アメリカ・オランダを拠点としているワールドワイド展開をしているBenQ。

その新進気鋭メーカーの噂のモニターライトはどんなものでしょうか。

BenQのモニターライト・シリーズは3機種

BenQ ScreenBar Series
出典:ScreenBar モニターライトシリーズ

2022年08月現在BenQのモニターライトは3種類。
安い価格順に

上下価格差が7,000円もあり機能性がどう違うのか気になるところ。
今回の商品はちょうど真ん中の「Plus」でまさに良いとこどりをした製品に仕上がっています。

3種類の相違点をまとめてみました。

シリーズ製品Product 01 ScreenBar
ScreenBar
Product 02 ScreenBar Plus
ScreenBar Plus
Product 03 ScreenBar Halo

ScreenBar Halo
本体幅45cm45cm50cm
対応厚さ平面:1~3cm平面:1~3cm平面:0.7cm~6cm
曲面:0.7cm~4.2cm
操作方法単体タッチ式有線リモコン無線リモコン(乾電池式)
中央照度(45cm高時)930ルクス930ルクス800ルクス
照射範囲 @500ルクス幅60cm×奥行30cm幅60cm×奥行30cm幅63cm×奥行40cm
色温度2,700K~6,500K2,700K~6,500K2,700K~6,500K
その他ライト回転調整20°ライト回転調整20°ライト回転調整35°
背面部/間接照明付き

LED部は共通かと思いきや若干違いがあるようです。

相違点は3つ

  • 本体LED部の長さに相違
  • 照射の幅と奥行きに相違
  • 最大照度に相違

無印モデルとPlusが45cmに対してHaloだけが他の2モデルよりも長い50cmになっています。

またその違いに因ってか照射範囲も少し異なります。

照射範囲については後述しますが、基本的にLED部は無印とPlusは共通と考えて良いでしょう。

ほか大きな違いは

  • 有線/無線リモコンと本体操作の違い
  • 設置できるモニターの形状・仕様
Controller

まずその操作部は

  • 無印モデルは本体のタッチ操作
  • Plusは有線のリモコン操作
  • Haloは無線のリモコン操作

という違いです。

操作方法に関しては見た目と快適性の部分になると思うのでお好みですね。
操作性では有線リモコンの方がベスト
理由は後述します。

またモニター形状で留意するのは「設置部フレームの厚さ」「平面か曲面(湾曲)か」の2点。

曲面(湾曲)モニターに対してはScreenBar Haloが正式対応のようです。

Distance

上写真は曲面モニターにPlusを設置した写真。

モニターの曲率=曲がり具合によってはLED左右端が湾曲部にかなり近くなりそうです。
※曲率:数字が小さいほど曲がりが急

曲面対応のHaloは、付属アダプターによってその湾曲部への接触や近すぎ問題にも対処されています。

なお今回のモニターAW3821DWは2300Rで比較的緩やかなので問題なしでした。

レビュー機 ScreenBar Plusの構成パーツ

Package Box

現在使用中のEXARM ZETAもそうでしたが、価格が価格だけに箱もそれなりにスタイリッシュ。

Unbox

構成は

  • 本体LEDバー
  • 固定スタンド
  • 有線リモコン部(直付けケーブル付き)
  • マニュアル類

のシンプル構成です。

Branch Cable

接続はリモコン部から生えているUSBの分岐ケーブルを使います。
このケーブルはリモコンとは分離ができなく、替えが効かないので破損には充分気を付けましょう。

ではScreenBar Plusの実機を見てみます。

ScreenBar Plusのリモコン操作性

Operability
「BenQ」ロゴ近くの丸いものが照度センサーで自動調光用

有線リモコンからの操作になる製品です。
このリモコン、とても直感的に操作できる良品

真ん中のノブを押すとオン/オフの切り替え、回すと輝度や色温度調整などが可能。
まさに別体式のメリットのひとつで、

「LED本体に触らずに電源オン/オフできる」

ことに大きなメリットです。

対して例えば本体スイッチ操作タイプだと

  • タッチするポイントが小さく分かりにくい
  • 椅子からいちいち立ち上がらないとスイッチが見えない
  • 押し加減を誤ると本体がズレる

という点がマイナスですが、当モデルなら全く問題なし。

「ズレる」という点は下写真のモニターライト1号機のANTITI モニターライトで気になりました。

ATITI On UltraW 11 調整部
安価なANTITIのモニターライト

この製品はON/OFFスイッチ部が向かって右端に付いていて押すたびに微妙にバーが動いたりします。

モニターライトは構造的に真ん中部分だけで接地している為かなりアンバランス。

この点でもPlusは本体に触る必要がないため問題なし。

ScreenBar Plusの明るさ

真っ暗闇でも薄暗くなった時間帯でも快適な明るさを提供してくれました。
最高だと思って愛用しているEXARM ZETAよりもむしろ最大輝度は高いです。

BenQ illumination

上写真がScreenBar Plusの照射イメージ
もちろんモニター画面に反射することはまったくありません。

EXARM ZETA illumination

対して愛用中の国産「EXARM ZETA」です。
こちらも画面反射はありません。

どちらもデスクワークに専念できるという意味では互角勝負。

細かく見るとBenQの方が中央部付近(キーボードのあたり)の照り返しを強く感じます。
明るさ勝負で比較するとBenQの勝ち。
これは装着してすぐ気づきました。

対してEXARM ZETAの方は輝度よりも「均斉度」(きんせいど)を重視している作り。

均斉度とは、ムラのなさを示す指標。
(例えば屋外太陽光の元では均斉度「1」で「ムラがない状態」)

均斉度 ~Google検索

机上から高さ51cm、モニタアーム環境での明るさを比較してみます。

Degree of Uniformity@BenQ
BenQ:とても明るいところと暗めのところの差を若干感じるか
Degree of Uniformity@EXARM
EXARM ZETA:下方中央付近の薄暗いところとの差は当機の方が小さい

写真では分かりにくいのですが「ムラの少なさ」で比較すると全体が若干照度低めのEXARM ZETAの方が均一と言えます。

実物を見比べて比較すると

  • 明るさはBenQ ScreenBar Plusに軍配
  • 均斉度(ムラの少なさ)はEXARM ZETAに軍配

という印象です。

Reflection@BenQ

なお最大輝度での比較ですが、BenQの方は中央付近の輝度が更に高いのでキーボードへの反射も少し気になる感じ。
ただ両機ともに輝度や向きの調整が可能なので、ここは大きなデメリットとはならないでしょう。

ScreenBar Plus設置の注意点

ここではScreenBar Plusを設置する上で気になった点です。
ケーブルセッティングや対応するモニターの厚みなど、購入前の注意点を紹介します。

なおここで紹介する内容はケーブルの長さ以外モニターライト全般の注意点とも言えますのでぜひご留意を。

モニターの厚みに注意

平面モニターであればほぼ問題は無いと思いますが一応3cmまでが仕様。

ただし曲面、特にウルトラワイドは少し注意が必要です。

Monitor_ hape

なぜならウルトラワイドは極端に横長であるが故に真上から俯瞰すると、中央部ほど厚ぼったく左右端にいくほど薄くなる形状の製品が多いため。

そのなかでLG製のウルトラワイドのとある機種への設置は問題ないレビューも発見。

例えばALIENWAREの前に使っていたLG 34GK950F-Bの裏面形状は以下写真。

LG 34GK950F-B
出典:RADEON™ FreeSync™2テクノロジー対応高解像度21:9 ウルトラワイド™ゲーミングモニター

写真のようにLG製ウルトラワイドは裏面が液晶フレーム後部からスラント(傾斜)いるものがあります。
しかし現有機のALIENWARE AW3821DWそれとはかなり形状が異なります。

Monitor Thickness

まずLGと違いALIENEAREはスラント部まで4cm強の厚みがある形状です。
更に丸い固定部が当たるところは7cmを超えます。

Body Setting

中央部がやけに厚ぼったいAW3821DWは設置できるか心配でした。
案の定上の写真のように無理している感が半端なしです。

本当はモニター天面部(赤点線)とライトブラケット部(黄色点線)が平行になるのが理想

今回の組み合わせではどうしてもバランスが前寄りになりがちですね。
(なお落下したり勝手にズレることは無し)

しかしこんな角度になっても不思議とモニター画面を照らしてしまうなどの弊害は無しなのは照射角度が優れているのでしょう。

USB接続の注意点:長さ

Branch Cable and Length

モニターから離れた場所のPC接続の場合の注意点はケーブルの長さ。
公式公表のサイズはさておき、手持ちのメジャーでの実測だと

  • コントローラー根本から480mm地点でライト部への分岐点
  • 分岐地点からLED用USB-C端子の根本まで710mm
  • 分岐点からUSB-Aの根本までが805mm(端子部含)

これを踏まえて配線を考える必要があります。

ケーブル長が短くもなく長くもない微妙な長さであり、また絶妙な長さ。
這わせ方によってはUSB延長ケーブルが必要になるかもしれません。

なお延長ケーブルについては少しシビアな面も。
基本的に公式では付属USBケーブル以外は使用不可としています。

PowerSupply
出典:ScreenBar Plus モニターライト

巷で販売されているUSBケーブルはまことに品質差が大きく、延長することで電圧ドロップするからです。
というのが建前ですが、現実問題延長が必要なケースもあると思います…

なお使用中のモニターにUSBハブが内蔵されていれば結線はモニター部だけで完結するので楽ですね。

設置する場合はコントローラーの場所をまず決めて、ケーブルの長さが足りない場合は延長とする方法が良いでしょう。

またモニターからの給電の場合、モニター自体の設置方法に合わせて2点

  1. 純正スタンドで机上に設置
  2. モニターアームで浮かせて設置

基本的に配線処理は

  • 純正スタンドの裏側を通す
  • モニター裏のモニターアームに這わせる

という形で行うと思います。

それぞれの配線は単純な直線では這わすことができないので長さは余裕を見た方が無難です。

Wiring Process

ケーブルが見えるのが大嫌いな自分はスピーカーのスタンド部の僅かなスキマを利用して見えにくくしています。
なおコントローラーのケーブルはペタッとしたフラット形状が幸いしています。

USB Flat Cables

この断面形状から配線をまとめやすさに一役買っています。
タイプCの端子部はコダワリ(?)のBenQロゴ入り。

USB接続の注意点:ポートの給電力

1A以上給電能力の「充電器」から給電する場合は問題なし。
少し注意したいのは(USBハブ付の)モニター、もしくはPCのUSBポートの給電能力です。

その場合の確認するべきは

  1. モニター(PC)のUSBハブの給電能力:何Wか?
  2. モニター(PC)スリープ時やOFF時に給電可能か

給電能力は5W以上推奨

4.5W Charge
出典:Alienware AW3821DW Monitor ユーザーガイドのp.23

例えば当モニターでは一般ポート4.5Wまで、充電対応ポートでは10W(5V×2.0A)までとなります。

対してScreenBar Plusは

  • 5V 1.0A 最大5W

となります。

「最大」という表現がクセ強めですが、色温度6500K・最大輝度において当環境では4.5Wポートでも正常に動作しています。
これでもし不具合が出れば10Wの充電ポートを使用予定。

とはいえ給電能力が「5W」以上のUSBポートを使用するのが無難でしょう。
万が一電力不足になるとチラつきやそもそも点灯しないということが起こります。

スリープ時などのUSBポートの挙動

もう一つ事前確認したいのがモニターやPCがスリープorシャットダウンした場合のUSBポートの挙動。

理想は常時給電されるパターン。
なぜならPCやモニターが起動していなくても事前にライトだけONにできるため地味に便利なのです。

消費電力の観点では無駄が多いのですが、点けたい時にすぐ点けられるのが快適なんですよね。

PCの場合はUEFI(Bios)やコントロールパネルの「USBセレクティブサスペンド設定」などから挙動を変更できる場合もあります。

モニターはUSB関係の設定ができる機種もありますが、基本固定仕様のものが多そうです。

Standby
出典:Alienware AW3821DW Monitor ユーザーガイドのp.25文頭

AW3821DWというモニターではスリープ(スタンバイ)時は給電可能です。
電源OFFだとUSB給電できませんでした。

(PCをシャットダウンしても)モニターを電源オフにすることがなく常にスタンバイ状態であれば操作上は問題ありません。
各社省エネモードによりますので確認が必要です。

まとめ

BenQ ScreenBar Plus Lighting Image

今回は明るいと評判のBenQのシリーズのミドルモデル ScreenBar Plusをレビューしました。

そのメリットは

  • 明るさはモニターライトしては最高峰
  • 直感的な有線リモコンがととえも操作しやすい

価格がお高めなのを除けば家電好きブロガーとしてもおススメできる機能性です。

なお触った時の品質も価格に見合った重厚なものだとつけ加えておきます。

なお注意したいのは

  • USBケーブルの長さ
  • 接続するUSBポートの給電能力
  • モニターの形状・厚み

しっかり事前確認しておきましょう。

そして最後にあえてPlusのデメリットを上げると

  • ケーブルが見えてしまうのでケーブルセッティングがポイント

逆に言えばこれくらいしかデメリットが無く、とても優秀な製品でした。

SxreeBar Plusの実際の詳細な使い方に関しては公式で提供されている取扱説明書(日本語解説は17ページから)を参考にしてみるのも良いでしょう。

目を酷使しやすいデスクワーク。

BenQ ScreenBar Plusで明暗バランスを改善して目に優しいデスク環境を!

では!

良いとこどりなら当モデル。ケーブルが気になる方は下の2機種

明るさはPlusと同じ。手元リモコンが不要ならシリーズ中コスパも上々の当モデル
購入前に取扱説明書で確認したい場合はコチラの公式ページ(日本語は15ページ)から。

無線にこだわる方、ウルトラワイドの極厚曲面モニターなら当モデル
詳細な使い方は取扱説明書(日本語はPDF6ページ目から)を見て確認しましょう。


比較に使用したスワン電器のEXARM ZETAです。
公式ページはコチラから

以前記事にもしています。

EXARM ZETA EYECATCH
曲面ウルトラワイドにもピッタリ!日本製モニターライト EXARM ZETAの品質は?

ゆびきたす こんにちは! ゆびきたすです。 今回モニターライトのレビュー記事ですが、 最近では本当に珍しい「MADE IN JAPAN」製品を 発見したので紹介します。 今回は日本製と謳われるEXAR ...

続きを見る


追記:トップモデルのHalo

なお価格が上のモデルに「ScreenBar Halo」という更に高価な製品があります。
一部マニア()には待望の商品だったわけです。

この製品のトピックは

  • 無線コントローラー
  • 若干照射範囲が広い
  • 背面部に間接照明付き

となっています。

机上スッキリ派には無線コントローラーはかなり羨ましいもの。
しかし操作上の注意点があります。
それは「手を離すと5秒後にスリープ」という仕様です。

Sleep Timer
出典:ScreenBar Halo モニターライト
コントローラー部のスリープ解除
・まず手をかざして近接センサーに認識させスリープ解除
・タッチ操作でライト点灯

ネット上ではこの2段操作がわずらわしいというレビューを多数見かけます。

電池持ちのため仕方ない仕様ですが、確かに毎日だと少し面倒でしょう。

Irradiation Range of Light@ScreenBar_Halo
出典:出典:ScreenBar Halo モニターライト

照射範囲は他モデルと比べて前後方向が10cmほど500ルクス領域が広めです。
(そのかわり中央照度は他の2機種より抑えめ)

また背面の間接照明ですが「見た目だけの効果だけ」とは言い切れません。
視界内の明暗にはできるだけ差が無い方が目が疲れにくいとされています。

つまり壁面などもある程度光があれば疲れ低減となる可能性はあります。
しかし写真で見る限りそれほど上下左右広く照射するほどでもなく、また壁までの距離によっても光加減が変わってくるので無くてもよい機能かな?と感じました。

以上からHaloは今回一旦見送り。
…と、購入してもいないのにエアレビューしてみます。

がしかしです。

対応モニターの厚みの部分、

  • 平面 : 0.71cm - 5.99cm / 曲面 : 0.71cm - 4.19cmまで対応

これです。
まさに当環境のモニター4.19cmでギリギリぴったり!

Curved Monitor Adapter
出典:ScreenBar Halo モニターライト

また端よりの曲面部にライト部が被らないようにライト部をより前へオフセットするアダプターも付いていて神器です、コレ。

過去2つのモニターライト記事にも書いていますが、モニターの厚さに非対応で少し無理して取り付けしている現状。
見渡しても4cmを超える厚さに対応したモニターライトが他に無いだけにまさに心揺れ動いている最中です。

モニターライトってどれも同じに見えて全然違う個性を持っていますね。
次のモニターライトのレビューはHaloにするかもしれない(オイ

ということでこれからも飽くなき追及してみようと思います!

再び、では!

ゆびきたすのスポンサー

  • この記事を書いた人

ゆびきたす

妻子ありの4人家族の副業ブロガー
趣味のPC・家電のことを徒然なる心のままに描いています
Blogアイコン自作してみました。これからデジ絵トレーニング開始

-デスクワーク
-, ,