家電レビュー

お手軽小型掃除機:アイリス ハンディクリーナー IC-H50-B レビュー

IC-H50-B TOP Image

こんにちは、ゆびきたすです。
デスク周りの乱れは心の乱れ。
常に整理整頓&キレイをモットー!

簿記の勉強を毎日していたある日、出るわ出るわ消しゴムカス!
また毎日夕方~夜のデスクワーク中に小腹がすいて少しお菓子タイム...

かなり気を付けていてもいい大人がポロポロとこぼすんですよね笑

そして掃除をしなくてはなりません。

2階の共用の普通サイズのスティック型掃除機が1台あるのですが、他の部屋から持ってくることや収納するのが面倒くさいんですよね。
更に5畳程度の狭い書斎なので常設は邪魔過ぎ。

そこでコンパクトで安価な掃除機を探してみました。
必要要件は

  • 本体がコンパクト(細い)
  • 軽い
  • スタンド付属
  • 見た目が見苦しくない
  • 吸引力は並みでOK
  • 1万円以下

「スタンドに立つ姿がスッキリとシンプルでいい!」

と気になったのが今回のアイリスオーヤマ製のハンディタイプです。

細身のハンディクリーナーはちゃんと吸うのかな?
メンテナンスはどうかな?

気になる点をご紹介します。

デスク周りの掃除機として使いやすい

メーカーサイトには残念ながら吸引仕事率(真空度と風量の計測 / 単位W)などの記載はないようです。

IC-H50-B Set

かなりの小型機だけど充分な吸引力!
そして何よりコンパクトで直径が細く、そして軽い。

またバッテリー持続時間は

「標準」・・・20分

「強」・・・15分

デスク周りの用途では充分でしょう。

ブラシが長めなので毛に挟まったゴミがやや吸いにくいと感じるものの当てる角度を寝かし気味にするなど工夫すれば問題無し。

主にデスク周りの掃除機が欲しい場合選択の余地があると思います。

もちろん当製品にも良い点悪い点があります。
それをすこしだけ挙げてみましょう。

IC-H50-Bの良いところ

軽くて細い!

実測の重量は505gでした。
これなら片手でサッと掃除も苦になりません。

軽いので高い部分の掃除も手がだるくなりません。
エアコンの掃除も楽々!

Clean Air conditioner
ブラシのアタッチメントを使用

またスタンドが邪魔に感じる場合は棚下などに隠しておくことも可能です。
(おおむね60mmほど隙間があれば大丈夫)

IC-H50-B under shelf
コロンと転がすことも可能

スタイリッシュで内部のゴミが見えにくい

繊維質なゴミを吸ってみました。

Trash

ゴミのストッカー部分は半透明ですが、結構濃い黒っぽさなのでぱっと見ゴミが見えにくくてすごく良い!
ゴミだらけなのが丸見えだとちょっと気になります。

期待以上の吸引力!

製品の大きさ的に大きなモーターでは無いので「そこそこ」の吸引力で妥協する予定でしたが...
普段の掃除はほぼ「標準」モードで事足ります。
(エアコンのフィルターのような網目状のものは「強」がベター)
これは期待値以上だったので嬉しい誤算。

デスクマットなどは傷防止の為スキマノズル(兼ブラシ)を使用して吸ってみます。
(ブラシ部分が格納できる構造)

なお「スキマノズル」というパーツ名ですが想像より細くありません。
ノズル開口部の高さが22mmほどあります。

Brush Attachment

ブラシの毛はやや長めなので吸引口を対象物に近づける感じで吸わせます。

Suction power 01

消しゴムカスなどは1回なぞった程度では残ってしまいますが数回なぞることで問題無く吸引します。
(写真は標準モード)
菓子くずみたいなサラサラっとした粒子状のものはドンドン吸引!

Suction power 02
※毛自体が長めなのでゴミを掴んだままになりやすいのが少し難点

そのほかキーボード(キーの隙間)やPCの吸入・排気口などもブラシが重宝します。
キーボードなど表面が樹脂製だったり塗装されたものは案外傷つきやすいのでブラシは優しく当てるが基本。

Clean the Keyboard

カーペットには写真の「ソファヘッド」が使いやすいです。

Bent_Sofa Attachment

ソファ用のアタッチメントの先端がカーペットなどに吸い付かないように(?)少し丸みを帯びています。
(車のファブリックシートなどにも最適)
また上下に黒くて粗目のクロスが貼られていて、短毛カーペットにベストマッチ!

ダストカップは丸洗い可能

本体先端の左右押しボタンを押すと先端パーツが外れます。
ゴミ箱にトントンとする感じで消しゴムカスやお菓子くずパンくずは簡単に廃棄できました。
普段はこの作業で充分(繊維くずや髪の毛に関しては後述

更に徹底掃除の分解も簡単。

1st Garbage disposal
普段の掃除:丸印がロック解除で先端取り外し
Garbag
先端を外してトントンしてゴミ捨て
Garbage disposal
ダストカップ分解の場合:真ん中付近のロック解除を押す
Remove the Filter
フィルターには引っ張る金具付
Washable 4Parts composition

ダストカップを構成する部品は全て水でジャブジャブ洗えて楽ですね。

IC-H50-Bのここがダメ

設置場所によっては難点あり

良い点に「見た目」がありましたが、本体が斜めにスタンドに立つ形になっているので持ち手部分が奥側になります。
そうなるとスタンドから外しにくいのです...

例えば見た目重視に以下のようにデスク下に目立たず置きたいのですが

Stand 01

この状態だと握り部分が奥へ向いてしまうので、スタンドからの取り外しに少し難あり。
スッキリしていてかっこいいんですけど...

取り外せる簡単さでいうと握り部分が自分の方を向いていた方が楽。
すると

Grip part

...みたいな置き方になって見栄えがすごく悪くなります。
配線が丸見えの時点でこれはさすがに無し!

③ゴミが落ちにくい箇所あり

細長いという事は奥まで手はおろか指が入りにくいし届きにくいということ。
下の写真のように中央付近のフィルター部に引っ掛かってしまうとトントン叩く程度ではゴミが落ちて来ないことも。

Garbage Disposal
内部の無数の穴あき部分が原因

繊維くずや髪の毛がフィルターケースの粗目の「穴」に引っ掛かりやすい?

これは仕方ないので1ヶ月に1回ほどダストカップ部を水洗いするか家庭用のブロアーで掃除。

モーター部の負荷や異物混入を防ぐ意味でも定期的に「掃除機の掃除」は必要です。

充電にはスタンドが必須

Charging

充電は本体をスタンドに設置することで電極が接触する方式です。
なおスタンドの電源コードは固定で取り外しは不可

なので棚下に本体を転がすように雑に置いていたとしても、充電の為にスタンドが必要。
本体にACアダプターが直接挿せる構造であればもっと設置方法に幅があったのに、と感じました。

純正消耗品がアイリスでしか入手できない

本体はどこでも入手できるのですが、唯一交換の可能性がありそうなフィルターなどはアイリスコールセンターへ連絡しての入手になるようです。

アマゾンなどを見渡しても無さそうですね...
消耗品が入手しずらいのは大きなデメリットと言えます。

ただ1年近く使用しましたが1ヶ月に1回ほどフィルター部を手入れしていれば、それほど交換の必要も感じないのも事実です。

まとめ

以上長所短所がありましたが1年弱ほど使ってみての感想。

例えばブラシを使っての「砂粒」などはちょっと吸いにくいと感じます。
バッテリー容量的に短時間決戦と考えたら、自動車内の床はダイソンなどの吸引力が強い物の方が楽でしょう。

それを前提に使用環境は室内で以下の用途が最適だと感じました。

おすすめな用途

・子供たちのお菓子などの食べこぼしの掃除
・デスク周りちょっとした掃除
・普段のエアコンフィルター周りの掃除
・短毛のカーペット掃除
(毛の長いものは吸引力的に苦手です)

とても軽いので小学生の子でも簡単に掃除できます。

また普段我が家の掃除はRoborockで行っていますが、部屋の角などの細かい部分をこのハンディクリーナーで補っています。

(衝撃の時短家電だったRoborock 7+の記事は以下から)

Roborock S7+ EYECATCH
お掃除ロボットRoborock 追加レビュー S7+編

遂に初購入のお掃除ロボット、Roborock 7+のレビューです。
S5 MAXとの違いも解説。

続きを見る

毎日デスクワークをしていると意外に汚れが気になります。
いちいち掃除を持ってくのも面倒な時、部屋の片隅に設置したこんな小型掃除機が大活躍。

掃除の極意はいかにまとめず分散し楽をするか?です。

こぎれいな仕事空間の創設に一役買ってくれるハンディクリーナー、おすすめします!

キレイなデスク周りなら生産性アップするかも!?

では!


ゆびきたすのスポンサー

  • この記事を書いた人

ゆびきたす

妻子ありの4人家族の副業ブロガー
趣味のPC・家電のことを徒然なる心のままに描いています
Blogアイコン自作してみました。これからデジ絵トレーニング開始

-家電レビュー