パソコンパーツ

【激重Starfield】DLSS modの後にReshadeを適用するとゲームが起動しない

2023年9月13日

◆この記事には広告を含む場合があります◆

DLSS+Reshade Eyecatch
ゆびきたす
ゆびきたす

Starfieldが一般販売されて1週間近く経ちました。

皆さん、mod楽しんでますか?筆者はReshadeでハマりました…

激重と評判だったStarfieldは噂にたがわず重かったです。というよりGPUやCPUの温度などを見ていると単に最適化不足かも…

そんな重くて仕方ないStarfieldですが、後光がさすが如く登場したPureDark氏のDLSS mod。早速適用すると確かにFPS改善効果はありました。入れて損無し!

さてプレイしていて見た目がモッサリした色合いが気になる方もいると思います。主にグリーンかかったフィルターが原因と言われていますが、これを改善するのがReshde modです。

いくつかプリセットは公開されているようですが、筆者は以下のものを適用してみました。

DECENT ReShade - Natural and Performance Friendly at Starfield Nexus - Mods and Community (nexusmods.com)

Reshade公式はこちら

Home (reshade.me)

DLSS mod適用後Reshadeインストール時のエラー対処

DLSS modと同居するためには注意があります。

DLSS MOD NOTE@EN

上記Notes(注意書き)で気を付けるのは3行目。

(要約)
別のReshadeプリセットを使う場合、ReShadeインストール後のdxgi.dllを【d3d12.dll】にリネームし、このDLSS MODからdxgi.dllを再度コピーすることを忘れないように

DLSS modを適用したあとにそのままRsshadeをインストール開始するとエラーが出ます。

Dxgi.dll Already Exists-Error

そもそもDLSS modを適用した段階でコピーした【dxgi.dll】と【d3d12.dll】はすでに存在しています。

そのためDLSS modのインストール後にReshadeを適用しようとすると「dxgi.dllがすでにあるゾ!」とエラー表示されてReshadeのインストールが完了しません。

そこでDLSS modから移したdxgi.dllを一旦削除してReshadeを適用します。そしてReshadeの【dxgi.dll】を手順通りに【d3d12.dll】にリネームしようとするとDLSS modから移動した【d3d12.dll】まだ存在している状態でした。同じ名前のファイルが2つになってしまうので

  • DLSS modのd3d12.dllを削除して改めてリネーム
  • リネーム時元のd3d12.dllはそのまま保持する>>>Reshadeの元dxgi.dllの名前が「d3d12(2).dll」と連番になる

の2者択一になります。筆者も含めて初心者泣かせですね…これは。

筆者がやってみたこと

DLSS modで移動したdxgi.dlld3d12.dllを削除し、その後Reshadeを適用。Reshadeのdxgi.dlld3d12.dllにリネーム。再度DLSS modからdxgi.dllをコピペ

しかしこの手順でも筆者環境ではなぜかゲームが起動できませんでした。Steamクライアントで「起動中」に変わるもすぐに「プレイ」に戻ってしまいます。

フォルダ内では

dxgi.dll・・・DLSS modのファイル

d3d12.dll・・・Reshadeのファイル(中身はReshadeで設置されたdxgi.dll

通常はこれで問題ないハズなのですが…
何かバージョンみたいなものが食い違っているからか不明。薄学のためこの2つの関係性がわからないので

DLSS modのd3d12.dllで再度上書き、つまり【dxgi.dll】も【d3d12.dll】もDLSS modのファイルを使います

こうすることでゲームが起動し、Reshadeの適用も無事にできて正常動作しました!

抜本的な対処法:Starfieldを再インストール

もう1つ面倒ですが最終手段を取ってみます。

Starfieldを完全削除し再インストール!

Reshade-Menu@Starfield

Steamのゲームファイルのフォルダを全削除して122GBを再インストールしました。そして起動失敗した時と全くおなじmodファイルとReshadeの実行ファイルを使用して再チャレンジ。なおドキュメントにあるMy Gamesフォルダ内は一応バックアップを取ってそのままにしています。

結果はReshadeが正常にインストールできました!

正常にインストールできた時ゲームフォルダを見ていると、Reshadeをインストール直後にDLSS modから移動した【d3d12.dll】が自動的に削除されていました。

そのためDLSS modのNoteで指示された(Reshadeの)【dxgi.dll】のファイル名をd3d12.dllへ変更することが普通にできたわけです。

結論はReshadeインストール時にDLSS modのd3d12.dllを自動消去しないことが、modで指示された手順と一致しない原因でした。

しかし解せないのは「筆者がやってみたこと」でReshadeのdxgi.dlld3d12.dllにリネームして再度DLSS modからdxgi.dllをコピペ、の方法で何度試してもゲームが起動しなかったこと。もちろんReshadeの再適用も何度も行いました。

DLSS modインストール>>>Reshadeの適用で、もしゲームが起動不能になった場合

  • DLSS mod内のdxgi.dll】と【d3d12.dll】で再度上書き
  • Starfieldのゲームフォルダの全消しからの再インストールを行い、DLSS mod、Reshadeの再適用を行う
    ※再インストールは100GB以上あるので時間が掛かります


なお下の方法はmodをほかにもたくさん適用していると作業量が最悪なことになりそうです…

modを導入する、特に複数のプログラムを掛け合わせるのは切り分けが大変ですね。まさに自己責任の世界でした。

もし書いている内容が間違っていたら優しくご指摘いただけるとありがたいです。

では!


XBOXゲームパスのStarfieldについても、適用するフォルダ階層は違えど同じようにmodを使うことができそうです。短期集中でプレイしてみたい方は時限プリペイドで試してみて下さい!

\最大8%ポイントアップ!/
Amazon
\楽天ポイント4倍セール!/
楽天市場

スポンサー

  • この記事を書いた人

ゆびきたす

妻子持ち副業ブロガー 趣味のPCや家電の事を徒然なる心のままに。 ※アフィリエイトプログラム参加中

-パソコンパーツ
-, ,