デスクワーク

テレワークのお供:AKRACING Wolfゲーミングチェアー をレビュー

こんにちは、ゆびきたすです!

昨今テレワークの普及で事務チェアーの需要も激増していますね。

チェアーは体を預ける重要な製品。でも好き嫌いの個人差が大きいのも事実です。

今回は電子系ではありませんが、ゲーミングチェアーをテレワークを始めPC作業などの事務作業に使用するとどうなのか、を3年ほど使った感想をレビューします。

akracing

「AKRACING Wolf」のグレー色を使っての個人的な感想を述べます。

 

ゲーミングチェアーを始めてみた時、若かりし日の羨望の眼差しで見ていた「レカロシート」や「BRIDE」を思い出しました。

レカロコンフォート~RECARO Automotive has been setting standards in automotive seating for decades, having presented the first sports seat for cars in 1965.~

 

From Master Saddler TO GLOBAL PLAYER.

 

〜セーフティーテクノロジーに基づいて製造されるBRIDE:ブリッドのシートはサーキット、公道、どんなシーンであってもドライバーを安全に守ります。〜

BRIDE:ブリッドのシートはお客様へ安全と安心を提供します。

 

同時に「横の張り出し必要か???」とも思いました。

  • 事務作業なので激しく動くわけでもなく体に「G」がかかるわけでも無い

ここです。

このポイントから言うと「ゲーミングチェアーである必要がない」のです。

では何故にゲーミングチェアーにおいて他のチェアーに無い魅力点な点を挙げてみます。

何故にゲーミングチェアーか?

見た目のやる気モードたっぷりのカッコよさやレザー調の高級「感」だけではなくその利点は...?

 

約180度のリクライニングが可能!

Reclining+Text

 

同じ価格帯の国内メーカー製だとこれができないチェアーがほとんどです。

ちょっと一息つく時リクライニングできればリラックス効果も倍増です。

 

ランバーサポート(のクッション)がほぼ標準付属

2cushions

 

自然なS字姿勢をキープする為のサポートクッションが追加で購入しなくても良いという点。

またシート形状自体がクッションを取り付ける前提の形状になっています。

尚このパーツには弱点もあるので後述します。

 

座面クッションが固め(人によってはデメリット)

座面のクッション

ゲーミングチェアー全般が固めな傾向にあるみたいです。

座面が柔らかすぎると不自然な沈み込みにより姿勢の悪化からの腰痛になるケースもありますので若干固めな方がベターな気がします。

但しこの固さについては個人の好みの差がかなりあると思われるので試座ができれば最高ですね。

 

ひじ掛けが標準装備な製品が多い。更に高さ調整も可能

Wolf_Armrest+Text

事務作業を快適に行う上でひじ掛けの要素は非常に重要です。

机に合わせて高さ調整できるのもポイントですね。

更に上位製品では、「ハ」の字型や「逆ハ」の字型にしたり、前後調整できる製品もあり環境に合わせる上では嬉しい機能の一つです。

 

価格が安価

  • 180度近くのリクライニング
  • 調整可能なひじ掛け付き
  • 厚めなクッション

このあたりを国産メーカーの通常のチェアーと比較するとかなり安価だと思います。

特に国産メーカーで、オプション設定されているひじ掛け単品でも結構なお値段がする商品も多い為です。

 

ファブリック系なら蒸れも少な目

今回の「Wolf」にした理由の最大の特徴です。

僕、お尻が蒸れやすいんです...

特に夏場は薄着で作業するので蒸れると不快指数倍増なので何とか防ぎたいという事でWolfにしたのです。

エアコンをガンガンに冷やしてもお尻だけは蒸れますからね。

フェイクレザーや本革と比べると見た目の良さが少し落ちますが蒸れやすい方は布生地の方が無難です。

 

体を支える面積が大きい

一番の特徴だと思います。

特に高さ方向です。

通常チェアーのハイバック製品と比較しても胴長さんにも十分対応できると思います。

ゲーミングチェア全部とは言い切れませんが、この種のチェアーで頭がはみ出るとしたら相当な高身長かと...

体を預けるように座る方には特に恩恵があります。

ゲーミングチェアーの一番の特徴はリクライニング項目でも触れましたが

「長時間着座で疲れた時の休憩が楽!」でしょうか。

尚、血流の事を考えると離席して軽く運動するのが一番ですね。

 

気になる4つのポイント

半面、気になる点もいくつかあります。

 

クッションの固さが合わない可能性がある

ふかふかな座面がお好みなお尻の方には完全に不適合です。

ウレタン(モールドウレタン?)の固さと厚みで体重を支える部分ではあるので、「ヘタリ」を考えるとこうなるのかもしれません。

因みに僕は2年程は問題無かったのですが、ここ1年お尻が痛くなってきました。

クッションのヘタリかと思ったのですが、意外にもヘタリやはほぼ無く底つきはしていませんでしたし、座面クッションに凹みや沈み込みも特にありません。

(身長173cm・体重63kg)

恐らくここ1年の使用頻度が高くなり1回あたり座る時間がかなり延びた為かもしれません。

いずれにせよ1時間を超えて座り続けるのは血流等考えると良く無さそうです。

ふかふかな座面のチェアーを発見しました。
安価ですがお尻が痛くなりにくいチェアーの記事は下記から

Nitori RICARDO Chair EYECATCH02
テレワークのお供 その2:革調チェアー リカルドをレビュー

2021年9月15日公開記事 こんにちは、ゆびきたすです!毎日長時間のデスクワークをしていると想像以上に疲れますね! 平日で3~4時間、土日祝日で5~6時間とかなりチェアーに座っている時間が長くなって ...

続きを見る

 

付属クッションのヘタリが早い

これは触れば一目瞭然に分かります。

クッションはふかふか系に近しいものなので潰れ易いかと思います。

あと写真から分かりますがゴムバンドのヘタリも考えられます。5年とか使ったらビヨ~ンとかなりそう...

簡単な構造だと思うのでバンドの交換も視野に入れておけば万全です。

おまけ程度という事で妥協しましょう。

2cushions_bands

 

パーツの品質に雑な部分あり

製品が安価な分、仕方ありませんね。

「チリ」というか各部の隙間が均等でなかったり、可動部のカバー等に「強めに握ったら外れる(割れる)かも!?」みたいなところが散見されます。

なるべく掃除以外では触らないようにしましょう。

 

尚、AKの上位製品に触れていないので高価格帯のゲーミングチェアだと違うのかもしれません。

店頭でメーカーはバラバラでいくつか見て触った感想です(価格帯は20,000~50,000円)。

 

小柄な方には少し大きい

特に問題になるのが足がしっかり着地できるか、という部分だと思います。

僕(身長173cmほど)は問題なく使用できていますが、身長等によっては足が100%接地していないパターンも考えられます。

こういう時試座が重要なのですが、試座する場合も

「靴はぬぎましょう」

家の中でも靴を履いたままなアメリカンな方は問題ありませんが、靴底の厚さで座った感じはかなり違います!

足がきちんと設置しないと太ももの、ちょうど膝裏付近の圧迫がキツくて快適性を大きく損なわれます。

外寸仕様

 

まとめ:コスパ重視+外観のカッコよさ

まとめ
★とにかく見た目がカッコよくてレザー(調)故のプチ高級感(夏の通気性考慮するならファブリック)
★着座状態で休憩できる(寝る事も可能)
★クッションは固め(標準体重だとヘタリは少ない)
★ランバーサポートクッションはへたるまでは良い感じで姿勢キープできそう
★体形にマッチさせやすい(調整可能な肘掛けなど)
★試座できないならウェブサイトの寸法のデータを確認し、現在使用しているチェアーの高さを同じに調整して確認すべし
★品質感はそこそこ

おススメポイントは見た目がゲーミングの名にそれっぽくて、「安価」である事かな?と思います。

 

良きデスクワークを!

では!

 

ゆびきたすのスポンサー

  • この記事を書いた人

ゆびきたす

妻子ありの4人家族の副業ブロガー
趣味のPC・家電のことを徒然なる心のままに描いています
Blogアイコン自作してみました。これからデジ絵トレーニング開始

-デスクワーク